みんてぃあさん企画の和佐さんセミナー

9月1日~3日までみんてぃあさん主催の和佐さんセミナーに
参加するため、神戸に行ってきました。
本当に楽しくて、学びのある旅だったので、自分自身が
忘れないためにも、写真付きで、書きとめておきたいと
思います。




それでははじまり、はじまり~。


ドキドキドキドキ。


私の心臓は高鳴っていた。


申し込んだその日から、物凄く楽しみにしていた、
みんてぃあさん主催の和佐さんセミナー。


9月1日がやっとやってきた。


9月1日3時に起床して、40分歩いて駅に行き、
仙台空港に向かった。


あまりにも早く着きすぎてしまい、
喫茶店に入り、別に食べたくもない、
モーニングセットなんて頼んでみた。


食べたくもなく、お腹もすいてなかったのに、
全部間食したという。でも、ただのトースト。


トーストを食べているうちに、
伊丹空港の便が出発しそうだったので、
搭乗手続きをした。


嬉しい事に、私のANAカードのマイルが、
7万マイル貯まっていて、仙台ー伊丹の飛行機を
15000マイル使って、タダで行くこと

出来た。凄くラッキー♪


本当は、飛行機の中で、今日のセミナーの
予習をしようと思っていたのに、隣のおじさんが、
新聞をバーンと広げてて、気になってチラ見して
しまった。


なのに、内容全然覚えてないという、
まさかの時間の無駄使いをしているうちに
伊丹空港到着。


すぐさまリムジンバスに乗り、
セミナー会場がある、神戸三宮に向かった。



神戸に到着後、やっぱり、
迷う。

極度の方向音痴ぶり。

泣きたくなる。けど、大人なので、我慢した。


もう、田舎者丸出しだって、構わない。
歩いている人に「ここどこですか?」と聞きまくり、
やっとの思いで会場に到着した。


迷ったわりには、13時から開始なのに、
会場には、11時に到着
するというw


誰も来ていないし、チームの人がみんなで集まっている
とんかつ屋に行こうと試みるが、とんかつ屋もわからず、
ウロウロ。 諦める。


とんかつ食べたいなーと叫びながらも一人会場に
向かった。


もちろん、
誰も来ていない。


沈黙の中、私は一人、待った。

待った。待った。待った。待った。待った。



でも、一番に到着したおかげで、
一番前の席をゲット!


001

誰よりも和佐さんとモニターが見える位置をゲットし、
みんなが来るのを待つ。

ひたすら待つ、待つ、待つ。


そしたら、40分後みんてぃあさんたちが会場入りし、
「ぴのさん、こんにちは。」と、みんてぃあさんが
私の名前を覚えていてくれている。


めちゃくちゃ感動。
私の事覚えていてくれたんだー。


そして、セミナーが開始し、私の息切れは、
更に強くなった。


それも、


私が今悩んでいる事を全て教えてくれた
セミナーだったからだ。


本当は、セミナーでは、
和佐大輔が17歳で1億円稼いだ全てを語る予定が、
「やっぱりやめました」って、急遽内容を変えた。


どんだけ自由なんだ~、和佐さん。


でも、その自由さが私は好きだったりする。


和佐さんが、変更してくれたおかげで、
私の悩んでいる事全てを聞け、
凄く良い内容を聞くことができた。



・どういう情報を提供していけばいいのか?

・キャラクター、コンセプト、ストーリーの作り方

・ コンセプトの構造って何なのか?

・自分の生き方、あり方をどう作っていけばいいのか?

・どんな風に日常を過ごし、次につなげていくのか?

・時間がない人のインプットの仕方



まだまだ書ききれない。



好きにやろう!
まずはやってみよう!



という、和佐さんの強いメッセージが、
私の胸にズドドドドーン
と入り込んできた。

凄くクリアになって、メルマガを書く内容を
改めたい、そして早くメルマガを書きたくて
しかたなくなった。


そして、セミナーを受けて、良い意味で、私の
メンタルブロックがはずれた。


私がブログとアバターを変えるきっかけになった
そんな、セミナーでもあった。


参加出来て心から感謝。


そして、みんてぃあさん、和佐さん
ありがとうございました^^


と、まだ1日目なのに、参加出来た事に
相当満足した。


これは、まだまだ序章にすぎなかったのに・・・


第2章へ続く・・・・



私が13万円かけて、学んだセミナー内容は、
こちらでお伝えしていくので、良かったら聞きに来て下さい。

13万円かけて学んだセミナーを聞いてみませんか?




このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年9月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:セミナー

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ